団地暮らしのメリット・デメリット

団地暮らしのメリット・デメリット

団地暮らしの魅力

団地暮らしは古さを残した素敵な部分が多く

住む期間が長くなるにつれ、団地の魅力に引き込まれます。

団地の周りには、買い物施設・バス停留所・郵便局・クリニック・・

生活する上で必要なお店も揃っていることが多いです。

さらに一年中お花を楽しめ、人との交流もほどよくあり、

民間賃貸で暮らしていた時よりも、人との関わり感じられるようになりましたね。

団地は一年を通してお花を楽しめます

団地は一年を通してお花を楽しめます

思わず、ため息・・・美しい磨りガラス。

住んでみて分かった団地のメリット・デメリット

今まで団地って暗いイメージ(悪いイメージ)があったのですが、

まったくそんなことがなく、

テレビやドラマ、良くないイメージを

植え付けられていたのだろうな、とさえ感じます。

やっぱり・・・住んでみないと分からない、住んでみて初めて分かることって多いですよね。

しかし、団地の良いところもあれば、改善する部分も多いのも団地。。なのです(笑)

 

具体的に何かといいますと、

暑さ・寒さ対策に工夫が必要

設備が古いので、快適にするための工夫が必要

 

朝起きたら、すごい雨!外置き洗濯機のカバーをしてよかったと感じた瞬間

コンクリートのお風呂場に「珪藻土バスマット」

団地の押入れ収納「また落ちた…」つっぱり棒をやめてストレスフリーに

 

比較的新し目の団地(公団・公社)の分譲団地だと

設備に困ることはありませんが

築40年以上経過した団地には、家賃が安い分、

自らの手で工夫や知恵を働かせることで

快適かつお金(貯金)の貯まるメリットの多い暮らしとなります。

 

東京の家賃は高い。家賃を抑えるとお金が貯まる。

2000円分ギフトカードがもらえる!東京ガスから5%お得「レモンガス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です