団地暮らしをはじめたきっかけ。家賃を抑えれば収入が増える。

JKK,UR,公社,公団,ブログ

私が団地暮らしをはじめたきっかけは、

家賃の節約をしたかったからなんです。

 

東京の家賃は田舎暮らしの長かった私にはあまりにも高く、

しかも旦那の転職後のお給料は一時期ドカンと下がりました。

 

いちど、民間賃貸に半年住んでいましたが

毎月10万円の家賃の負担はすさまじいものでした・・・。

(正直、生活するのがたいへんでした。)

 

固定費削減ー東京の家賃は高いから最新設備を諦める

古いUR団地に引越す理由。固定費削減。

 

その頃団地というのは、

生活保護の方や会社の社宅などの

抽選で団地に入れるものとしか思っていませんでしたが知識不足でした。

 

団地=生活保護・社宅

だけではなかったのですね。

一般の人でもふつうに入居できるのです。

 

はじめからURの公団・JKKの公社の存在を知っていれば、

引越しにかかる費用(敷金・礼金・仲介手数料)

を大きく節約できたとかんじています。

 

東京の家賃は高い。家賃を抑えるとお金が貯まる。

 

現在は家賃は6万円ほど。

もっと家賃を抑えようと思えば5万円台に抑えられますが

今住んでいるお部屋は角部屋でご近所さんも静かな方ばかりなので

生活騒音で悩んで引越した身にとっては

6万円の家賃を払う価値はあるので、このまま住み続ける予定です。

 

家賃を抑えて、私は1000円、100円のありがたみを

以前より強くかんじるようになりました。

 

4万円の家賃を抑えられ、毎月1000円札が40枚手元に残るんですよ。

今までそんなこと考えたこともありませんでした。

 

家賃を抑えられれば、

収入を数万円増やせたのと同じコトになります。

 

今こうして団地暮らしを快適に送れているのは

家賃という固定費を大きく抑えられ、

貯金も順調にたまっている。という、心の安定もあるのだと感じます。

団地で固定費を削減する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です