固定費削減ー東京の家賃は高いから最新設備を諦める

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
UR,賃貸,高い

東京に居住する前は、のどかな田舎に住んでました。

夫の仕事の関係で、東京に。

東京生活は1年半と、まだまだ東京生活に慣れるのに時間がかかりそう。

実は東京に来てから今回で3回の引越し。

UR,賃貸,高い

  • 1回→民間賃貸:軽量鉄骨(1LDK)築5年/50㎡/¥103,000
  • 2回→UR賃貸を知る:鉄筋コンクリート造(1LDK)築17年/53㎡/¥125,000
  • 3回(これから)→UR賃貸:鉄筋コンクリート造(2LDK)築50年over/53㎡/¥89,000

のんびりな田舎暮らしが長かったため

まず驚いたのが東京の家賃の高さ。

例えば、田舎(北関東)で築5年以内・1LDK(47㎡)・89000円(管理費込)とすると、

東京都内は軽く11万越えは当たり前。東京都下でも10万円代と、

北関東の家賃感覚で行くと、ずっこけます。落ち込みます。

家賃を抑えるなら、

古さ・最新設備を諦めなければいけないのですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする