団地玄関のすき間&防音対策に選んだアイテム

団地,玄関,すき間,対策

*玄関すき間問題*

わが家は築50年以上のUR団地に住んでいますが、引越してまず優先したのが「風のすき間をできるだけ抑えること」でした。

内見の際、最初に目についたのが「玄関のすき間」でした。

築年数の浅い物件に住むとありえないですが、とにかくすき間が大きいのです。

画像ではわかりずらいかもしれませんが、5ミリほどすき間があります。

何かいいアイテムはないか探したところ、Amazonで見つけました。

すき間がぱっくりある玄関が・・

Before↓

このようになりました。

After↓

 

玄関すき間対策~使用アイテムはこちら

すきま風防止 ドアスイープを選びました。

長さは約1メートル。

(わが家の団地の玄関は横78cmと約80cmなので、20cmほど残りました。)

 

外国製でサイトの説明文と、画像を見ると様々な虫のイラストがあり・・。

ひょえぇ・・いかにも外国感満載ですが、このリアルなイラストがあるおかげか、きっちり風や虫の侵入をガードしてくれそうな予感がして注文。

 

団地,玄関,すき間風,対策

 

床にぴったりと3層になったシートがぴっちり張り付いて、これはかなり良さそう!

 

団地,玄関,すき間風,対策

 

早速玄関前に移動。

玄関の汚れを布で拭き、ぺりぺりっと赤シールをはがします。

この赤シールが外国製あるあるで、とにかく剥がしづらい・・。

ゆっくり、根気強く剥がします。

 

団地,玄関,すき間風,対策

剥がした後は、ちょうどいい長さにカット。

 

すき間風がピタッと収まった

着けた直後はちょっと見た目が気になるけれど、あんなにスース―すき間が入ってきたのが、ぴたっと収まりました!!(夏だと熱風・冬は冷気)

すごい!

玄関の開け閉めを繰り返すと、若干防止テープが浮くので、もう一度貼りなおしたら収まりました。

すき間防止テープを取り入れたことで・・

  1. 外からの熱気が入らなくなった
  2. 玄関の開閉音が静かになった

 

団地,玄関,すき間,対策

 

防止テープを張って2ケ月経ちましたが、尋常ではない夏の暑さに少しでも冷気が逃げないよう、買って良かったと感じます。

さらに玄関の開閉音が静かになったことでしょうか。

 

ふすまの騒音対策*生活音(騒音)を減らす工夫で隣人トラブルを防ぐ

【#団地でプチDIY】断熱は窓から!簡易二重窓で寒ーい冬を乗り切ろう♪

 

【#団地でプチDIY】断熱は窓から!簡易二重窓で寒ーい冬を乗り切ろう♪

 

古い住宅は築年数の浅い住宅とちがい、ちょっとした工夫が必要になりますが、その分家賃を抑えられ(とは言っても、東京の家賃はそれでも高いのですが・・汗)

設備が古いな分、頭を絞って考え工夫することで快適に暮らせることもわかりました。

もしかしたら、いつか家を買う・・となったとき、この団地暮らしの不便さは、その時大きく役に立つのだろう、と感じます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です