東京の家賃は高い。家賃を抑えるとお金が貯まる。

JKK,UR,公社,公団,ブログ

団地暮らしのきっかけ

我が家の場合、第一優先が、節約・貯金でした。

主婦の私にとって

東京の家賃の高さにヒィヒィ言っていました。

 

右肩上がりの時代はとっくの昔に終わり

終身雇用制度も終わりました。

 

そんな不安定な時代を生き抜くためには

過去の見本から抜け出さなければいけないと思っています。

 

東京の家賃は高い

 

そんなわが家も民間賃貸から

UR→JKKと引越ししました。

(URからJKKの引越しにはお隣さんの騒音・もっと貯金を増やしたい理由で引越ししました)

 

JKK(公社)の転居を考える

団地の騒音で悩む。悩んでるだけじゃ損。まずは相談しよう。

 

固定費である家賃は

毎月お給料が増えても減っても

一定のお金が通帳から引き落としされます。

 

そんな固定費を削減することは

数年後、数十年後の人生を変えていく

小さくて大きな作業なのだとおもいます。

 

家賃を抑えるとお金が貯まる

 

固定費を抑えると

お金が残ります。

 

わが家も家賃を抑えた団地暮らしのおかげで

預金が大きく増えました。

 

その残ったお金で

やりたいこと、やりたかったこと

(欲望である、欲しいものは買わないこと)

に投資する資金ができます。

 

家庭も「会社経営」の視点が

これからの時代は必要になると感じます。

 

古いUR団地に引越す理由。固定費削減。

固定費削減ー東京の家賃は高いから最新設備を諦める

東京で築50年の団地暮らしを始めます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です